酒蔵を造ろう

 地下水汚染による廃業前提の休蔵を経て奇跡の復活を遂げた酒蔵。しかし会社はある、蔵もある、客が(あまり)ない。それでも酒は醸されてゆく。さあまとめて酒蔵を造ろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

そば好き

 蕎麦が好きだ、好きな麺類は順に蕎麦、うどん、パスタだ。ラーメンは嫌いだ、なぜか知らないが食べると必ずといっていいほど下痢になる。他人様からはよく
「それはかんすいのせいだ」
とか
「スープの油が原因だ」
とか
「ただの思い込みだろ」
とかまるでラーメン嫌いが非国民であるかのような扱いを受ける。
この際原因は何でもいい、究明しようとも思わん、
ただ名古屋で
「そばひとつ」
と言ったら当然のごとく中華そばが出てきたのには閉口した。
まるで喫茶店で
「シダモ(エチオピアのコーヒー)ひとつ」
と言ったら
「ハイ、シナモンコーヒーお待たせしました(実話)」
と大してすきでもないものを飲んでしまったときに似ている…
話が脱線した
私は福井県出身で大の蕎麦好き、しかし福井の越前蕎麦はおよそ上品な蕎麦と言ったイメージではなく色も褐色でコシがむちゃくちゃあるいかにも昔の米の代わりの代用食と言った感じなのだ。
 ところで広島にも豊平と言うそばの産地があって、全国的に有名な蕎麦打ちおじちゃんが鎮座してらおられる。ただでさえ山間部なのに、もっと登ると蕎麦打ち大明神と思われる御社があって、まるで俗世を超越したかのごとく霞の中に浮かんでいる(そんなあなたには酒有喜の霧中を一回飲んでほしい)。
 私もこれまでに2回行った。
…感想は…
きれいだ、きれいすぎるそばだ、品があり、風格もあってなおきれいだ淡麗辛口だ、まるで新潟の酒だ、食いすぎに注意しよう。何も考えずにすいすい入ってしまう危険すぎる蕎麦だ。流石超蕎麦打ち権現、完成した型を持ち常にその型に納める。そうまさしくマシーンだまるで蕎麦打ちPAINKILLER。これ以上行くと止まらなくなるからもう止めよう。
で、そんなわけでここの蕎麦はお腹いっぱい食べたのに体は満腹なのに俺の蕎麦マインドを満たしてはくれないのだ。
あのざらついた、口に含むと土の味がしてくるそんな懐かしい蕎麦は広島ではもう会えないのか…
 でもやっぱり蕎麦は好きなので今日もかすかな希望を抱きつつまだ行った事のない蕎麦屋に入る
 「あしゃぎ…?」
なにこれ???
とにかく普通の住宅地にあってここに来ようと思わなければ回覧板でも回してしまいそうなただの家だ。
ガラガラ、でれも居らんがちょっと目を先に向けてみるとそこには今日売ったそば粉の産地が書いてある
「福井県丸岡産の在来種
ふむおっ!、これは!!なんといってもこの在来種と言うのが曲者の証(力いっぱい誉めてます)米と一緒で最近の蕎麦も品種改良が進み人様の都合の良いように改良されてゆく中ナント在来種とは…!まるで酒で言うなら亀の尾か?
 ウン。うまいうまい、ちょっとざらつく感じと土の味がする、蕎麦だ蕎麦だ!!
車だから酒が飲めんじゃないか!!!!大ばか者!!!!!
久しぶりに素朴な蕎麦を食べてご満悦です

飲んで一押しFC2 Blog Ranking">よろしくお願いしま~す
スポンサーサイト
このページのトップへ

やっぱり自分で…

 今日はあるホームページを参考にしてうどん屋に行った、が!自分にはまったく合わなかった。そういえば新潟にいたときに一緒に働いていた元杜氏さん(私がいた蔵は杜氏経験者が2名いてそのほかの2名も次期杜氏というくらい別の蔵では期待されていた方だった!)が言ってた「私はもともと福井県で酒を造っていたが新潟の蔵で杜氏を務めることになって初めての造りはこっちの好みがずいぶん違っててなかなかうまく合わせられなかった。造りが上手い下手ではなく、その土地の味覚を早く掴まんとなあ」今日痛いほど身にしみたなあ~「冷や酒と親(人生の先輩)の意見は後で効く」

テーマ:今日の食事 - ジャンル:グルメ

このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

sakeariki

Author:sakeariki
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。