FC2ブログ

酒蔵を造ろう

 地下水汚染による廃業前提の休蔵を経て奇跡の復活を遂げた酒蔵。しかし会社はある、蔵もある、客が(あまり)ない。それでも酒は醸されてゆく。さあまとめて酒蔵を造ろう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

価格改定はもう大変

 来月からの酒税減税を受けて価格改定が色々大変だ。おいらの会社もあっちへバタバタこっちへドタドタなんかうまいように落ち着かない。造りの最中はすっかりそんなこと忘れてつくりにドップリだったから、今になって慌てふためいている。
 酒屋の世界にはいまだに1本付けとか2本付けとかと言う言葉がある。これは1ケース仕入れたら1本おまけにつけましょう、2本おまけにつけましょうということである。平たく言えばリベートだ。ただし酒屋の世界は(ディスカウントストアは除くが)大体定価販売(横並び)なのでこのリベートはそのまま酒屋の懐に入ってしまう。つまり消費者が得をするためのものではないのだ。しかしこれがないと立ち行かなくなる酒屋も多いのは事実だろう。
 ところで造り手(であり、飲み手)の私から言えばこのリベートがいわゆる晩酌酒の質を落としひいては親父くさい酒の代名詞となり、家庭内や酒売り場で日本酒に対して悪いイメージを無意識のうちにつけている元凶なのかも知れないと思っていることも事実だ。
…なぜ…?…
 答えは簡単6本に1本なら約17%割り引きと一緒で、この分原価にかけられるのならばもっと質の良いレギュラー酒ができるからだ。
 ここで一般的な勘違いが意外とまかり通っていることがある。それは原価率なんて
「レギュラー酒が一番安いでしょう」
と言う誤解だ。えっそうなの?と思うかもしれないが少なくともまじめな酒造りをすればするほどレギュラー酒の原価率は高くなる…(融米とか特殊な造りは除きますよ)
 だって米価の上昇割合ほどレギュラー酒の価格は上がってないでしょ?通常安いものほど原価や諸費用の影響をもろに受けるんですよ。それにおまけをつけろなんてのはどれほど悲惨なことか。逆に言えば17%を原価に当てれば多分酒が別物になるはず。ね!社長!
今期の課題ですな!!!
 
 飲んで一押しFC2 Blog Ranking">よろしくお願いしま~す
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sakeariki.blog48.fc2.com/tb.php/12-19981caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

sakeariki

Author:sakeariki
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。